40代になって、気になるのが加齢臭です。特に最近は、夕方ごろになると自分の体が臭くなってくる気がしてなりません。加齢臭は独特で、おじさんにはつきものの香りではありますが、日頃のケアにより、事前に予防することができます。その予防方法について紹介します。1つ目はデオドラントの商品を使うことです。例えば、体を洗うボディシャンプーでデオドラント商品を使ったり、身に着ける服も抗菌、消臭効果のあるものを利用するなどです。使い続けることによって効果が現れて来ますので根気強く対応しておきましょう。また、体を洗う際には耳の後ろから首にかけて、匂いの原因となるものが残りやすくなりますので、入念に洗うことをおすすめします。2つ目は朝のシャワーです。朝のシャワーは寝ているときの汗や皮脂の汚れを落とすために実施するも目的です。朝にシャワーを浴びるのはすっきりしますし、日中帯の汗の匂いを軽減することもできます。もちろん、夜には湯船に浸かり、1日の疲れを取ることも必要です。3つ目は色々な匂いを混ぜないことです。加齢臭を防ぐために香水などを身につけることもありますが、かえって逆効果です。色々な匂いが混ざり合い、収取がつかなくなります。以上の3つのことを守れば、加齢臭を予防することがきます。手術をしないわきが臭を消す